嬉泉(きせん)病院[東京都葛飾区東金町]

診療科案内

糖尿病内科

現在日本の糖尿病人口は950万人で世界第9位となっており国民病といっても過言ではありません。
一度糖尿病となったら自然に治癒することはなく、放置すれば各種合併症により、失明したり人工透析が必要となったりします。
また、脳梗塞や心筋梗塞を発症する危険性も上昇し生命の危機を迎えたり、生活の質の低下をきたしたりします。
治療の中心は食事療法、運動療法、薬物療法であり、全てを適切に行う必要があります。
当院糖尿病外来では、糖尿病専門医による診療を中心に総合的な糖尿病治療を行っております。
その他、管理栄養士による細かな栄養指導や定期的な糖尿病教室も行っております。
初めて糖尿病を指摘された方や、現在までの治療でコントロールの悪い方を対象に、1週間程度の短期入院を行っております。
入院中に集中的な栄養指導、合併症の全身精密検査、糖尿病の評価を行い、その結果によりインスリン治療の導入や合併症の治療も併せて行っております。
健診等で糖尿病を指摘された方、現在の治療でコントロールの悪い方は一度当院でご相談ください。

採血の様子 糖尿病教室 栄養指導風景
採血の様子 糖尿病教室 栄養指導風景