嬉泉(きせん)病院[東京都葛飾区東金町]

病院案内

部署紹介

リハビリテーション科 (認定資格・研究業績)

認定資格

  • 日本理学療法士協会 専門理学療法士(代謝・循環・呼吸)
  • 腎臓リハビリテーション指導士
  • 心臓リハビリテーション指導士
  • 糖尿病療養指導士
  • 3学会合同呼吸療法士

研究業績

当科では,透析中の脳の酸素飽和度と心拍出量変化を捉えるデバイスや、呼気ガス分析装置・運動負荷装置を用いて,血液透析患者のリハビリテーションの標準化に資する介入研究に取り組んでいます。また,日常臨床を通して,慢性腎臓病患者の心肺フィットネスや身体活動,身体・社会・精神・口腔などの フレイルなどの包括的評価とそれに基づいた運動療法や指導を実施しています。

これらの評価結果をデータベース化し,分析することにより,臨床の質向上へと繋げるための観察研究にも取り組んでいます。

受賞歴

  1. 第9回日本腎栄養代謝研究会学術集会 川上賞

    臼井直人,中田純一郎,上畑 昭美,小島将,和田陽子,稲津昭仁,久留秀樹,鈴木祐介.血液透析患者の運動後心拍数減衰応答を用いて評価した迷走神経機能と栄養障害・生命予後の関連

  2. 第11回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会Young Investigator Award 優秀賞

    大柳春奈,臼井直人,齊藤正和,椿淳裕,小島将,久留秀樹,稲津昭仁,上畑昭美.血液透析患者における心拍数を用いた有酸素運動の処方:最大心拍数予測式の開発とその妥当性

  3. 第4回関東甲信越ブロック理学療法学術大会 奨励賞

    小島将,臼井直人,椿淳裕,繁竹真人,稲津昭仁,上畑 昭美.適正体重未満の血液透析患者における腹部CTで評価した骨格筋量および脂肪組織分布と生命予後との関連

  4. 第10回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会Young Investigator Award 優秀賞

    横山美野里,臼井直人,熊川七海,椿淳裕,垣上翔,稲津昭仁,久留秀樹,土屋貴彦,上畑昭美.身体的フレイルのない透析患者において社会的フレイルは身体機能低下に関与する

  5. 第8回日本循環器学会 コメディカル賞 奨励賞 (第82回日本循環器学会学術集会)

    臼井直人,上畑昭美,久留秀樹 他.自転車エルゴメーター運動負荷試験を用いた透析関連低血圧の予防・管理

  6. 第8回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会Young Investigator Award 優秀賞

    熊川七海,臼井直人,泉朋子,稲津昭仁,上畑昭美 他.透析中運動療法が溶質除去に及ぼす影響〜クロスオーバー比較試験〜

  7. 第6回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会 Young Investigator Award 優秀賞

    臼井直人,垣上翔,上畑昭美 他.透析低血圧と運動耐容能の関連 〜予防に対する運動耐容能の管理目標値〜

  8. 第10回区東部・区東北部ブロック学術集会 優秀賞

    大柳春奈,臼井直人,舞草健太 他.透析患者における約1年半の運動療法が運動耐容能に与える影響

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. 令和2年度 公益社団法人 日本透析医会 研究助成金(申請者:小島将)
    研究課題:透析中運動療法が局所脳酸素飽和度と認知機能へ与える効果の解明
  2. 令和2年度 日本透析医学会 コメディカル研究助成(申請者:臼井直人)
    研究課題:透析中有酸素運動における運動の強度と継続時間が循環血液量,透析効率に及ぼす影響の検証

論文・著書

*国際腎臓学会より当院の研究論文がビデオアブストラクトで紹介されました。

Video Abstract by ISN (International Society of Nephrology)

  1. Naoto Usui, Junichiro Nakata, Akimi Uehata, Shuji Ando, Masakazu Saitoh, Sho Kojima, Akihito Inatsu, Hideki Hisadome, Yusuke Suzuki. Association of cardiac autonomic neuropathy assessed by heart rate response during exercise with intradialytic hypotension and mortality in hemodialysis patients. Kidney International, 2022 Feb 25; S0085-2538(22)00162-4.
  2. Ohyanagi H, Usui N, Tsubaki A, Ando S, Saitoh M, Kojima S, Inatsu A, Hisadome H, Ota S, Uehata A. An equation to predict peak heart rate for prescribing exercise intensity in middle-aged to older patients requiring hemodialysis. Eur J Appl Physiol. 2022 Jul 13.
  3. Usui N, Uehata A, Nakata J, Inatsu A, Tsubaki A, Saitoh M, Izumi T, Chiba Y, Kojima S, Suzuki Y. Effect of blood volume change related to intensity of intradialytic aerobic exercise on hemodialysis adequacy: a pilot study. Int Urol Nephrol, 2021
  4. Usui N, Yokoyama M, Nakata J, Suzuki Y, Tsubaki A, Kojima S, Inatsu A, Hisadome H, Uehata A. Association between social frailty as well as early physical dysfunction and exercise intolerance among older patients receiving hemodialysis. Geriatr Gerontol Int, 2021;21(8):664-669
  5. (共著:臼井直人) Crosslink理学療法学テキスト 内部障害理学療法学.メジカルビュー
  6. 臼井直人,泉朋子,稲津昭仁,久留秀樹,熊川七海,千葉康雄,土屋貴彦,須藤祐司,上畑昭美.透析中運動療法の運動強度が溶質除去量に及ぼす影響.透析会誌2019;52(2).
  7. 臼井直人,泉朋子,稲津昭仁,久留秀樹,垣上翔,熊川七海,小田舞香,中沼諒哉,土屋貴彦,須藤祐司,上畑昭美.透析関連低血圧と運動負荷試験より得られる推定最高酸素摂取量および心拍数減衰応答の関連.透析会誌2018; 51(3): 203-209.
  8. 泉朋子,稲津昭仁,臼井直人,千葉康雄,久留秀樹,土屋貴彦,須藤祐司,上畑昭美.透析中のベッド上有酸素運動が溶質除去および骨代謝に与える影響.透析会誌2018; 51(1): 99-102.(研究速報)
  9. 臼井直人,小林拓郎,舞草健太,上畑昭美,他.変形性膝関節症の重症化に対する2型糖尿病の関与〜慢性腎臓病患者を対象とした検討〜.理学療法東京2015; 3: 26-30.

学会発表

2022年度
  1. 臼井直人,上畑昭美,中田純一郎,小島将,久留秀樹,稲津昭仁,鈴木祐介.透析患者の心臓予備能と運動耐容能.第67回日本透析医学会学術集会(口述)
2021年度
  1. シンポジウム:小島将,臼井直人,椿淳裕.包括的腎臓リハビリテーションにおける医療連携、職種連携のあり方 〜理学療法士の立場からみた連携〜.第12回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会
  2. シンポジウム:臼井直人.高齢透析患者の健康寿命延伸に向けた運動療法.第12回透析運動療法研究会
  3. 小島将,臼井直人,椿淳裕,繁竹真人,稲津昭仁,上畑 昭美.維持血液透析患者における腹部の脂肪分布と全死亡、心血管イベントの関連.第12回透析運動療法研究会(口述)
  4. 臼井直人,中田純一郎,上畑 昭美,小島将,和田陽子,稲津昭仁,久留秀樹,鈴木祐介.血液透析患者の運動後心拍数減衰応答を用いて評価した迷走神経機能と栄養障害・生命予後の関連.第9 回日本腎栄養代謝研究会学術集会(川上賞候補演題)
  5. 小島将,臼井直人,椿淳裕,繁竹真人,稲津昭仁,上畑 昭美.適正体重未満の血液透析患者における腹部CTで評価した骨格筋量および脂肪組織分布と生命予後との関連.第4回関東甲信越ブロック理学療法学術大会(スペシャルオーラルセッション)
  6. 臼井直人,小島将,千葉康雄,上畑昭美,中田純一郎,稲津昭仁,久留秀樹,鈴木祐介.循環血液量・透析効率の連続モニタリングによる透析中運動療法の安全性の検討:クロスオーバー無作為化比較試験.第5回日本循環器理学療法学会学術大会
2020年度
  1. 教育講演:臼井直人.透析患者に推奨される運動 −病期に応じたアウトカムと運動療法の実際−.第11回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会(Web開催)
  2. 大柳春奈,臼井直人,上畑昭美,他.血液透析患者における心拍数を用いた有酸素運動の処方:最大心拍数予測式の開発とその妥当性.第11回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会(Web開催)(Young Investigator Award session)
  3. 小島将,臼井直人,上畑昭美,他.腹部CTを用いた血液透析患者の生命予後予測:骨格筋密度に着目した検討.第11回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会(Web開催)
  4. 臼井直人,横山美野里,上畑昭美,他.血液透析患者における社会的フレイル:早期身体機能低下に影響する因子の検討.第7回日本予防理学療法学会(Web開催)
2019年度
  1. 横山美野里,臼井直人,熊川七海,椿淳裕,垣上翔,稲津昭仁,久留秀樹,土屋貴彦,上畑昭美.身体的フレイルのない透析患者において社会的フレイルは身体機能低下に関与する.第10回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会(Young Investigator Award session)
  2. 臼井直人,小田舞香,垣上翔,他.透析患者の下肢筋パワーと心血管疾患発生率・死亡率の関連及び長期運動療法の有効性.日本心臓リハビリテーション学会 第4回関東甲信越地方会 (優秀演題口演)
  3. 臼井直人,泉朋子,熊川七海,他.透析中運動療法における運動強度が溶質除去量に与える影響.第6回日本糖尿病理学療法学会学術大会 (大会長賞審査口演)
  4. 小田舞香,臼井直人,椿淳裕,他.透析患者における心拍数減衰応答と全死因死亡率の関連.第25回日本心臓リハビリテーション学会学術集会(口述)
  5. 臼井直人,小田舞香,熊川七海,他.血液透析患者の左室拡張不全は運動耐容能を低下させ死亡リスクを増加させる.第25回日本心臓リハビリテーション学会学術集会(口述)
  6. 中沼諒哉,臼井直人,熊川七海,他.透析中運動療法の強度が大分子除去量に与える影響.第64回日本透析医学会学術集会(ポスター)
2018年度
  1. 舞草健太,臼井直人,熊川七海,他.長期運動療法が透析患者の運動耐容能に与える影響.第63回日本透析医学会学術集会(口述)
  2. 佐々木智充,臼井直人,泉朋子,他.透析中運動療法の負荷強度の違いが循環動態及びリン除去量に与える影響.第63回日本透析医学会学術集会(口述)
  3. 垣上翔,臼井直人,久留秀樹,他.透析患者における運動耐容能は心血管疾患を予測する‐前向きコホート研究‐.第10回日本下肢救済・足病学会学術集会(口述)
  4. 臼井直人,垣上翔,舞草健太 他.血液透析患者が低い自覚的運動強度・心拍数で嫌気性代謝閾値に到達する要因の検討.第9回日本腎臓リハビリテーション学会(口述)
  5. 大柳春奈,臼井直人,舞草健太,他.血液透析患者に対する約1年半の運動療法が運動耐容能に与える影響.第10回区東部・区東北部ブロック理学療法学術集会(口述)
2017年度
  1. 臼井直人,上畑昭美,久留秀樹,他.自転車エルゴメーター運動負荷試験を用いた透析関連低血圧の予防・管理.第82回日本循環器学会学術集会(コメディカル賞審査会)
  2. 熊川七海,臼井直人,泉朋子,稲津昭仁,他.透析中運動療法が溶質除去に及ぼす影響〜クロスオーバー比較試験〜.第8回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会(Young Investigator Award session)
  3. 佐々木智充,臼井直人,泉朋子,他.透析中運動療法が溶質除去量・血行動態に与える影響について―症例報告―.第7回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会(口述)
  4. 臼井直人,小林拓郎,小田舞香,他.運動後心拍減衰応答を用いた透析関連低血圧の管理に関する検討.第36回関東甲信越ブロック理学療法学会(口述)
  5. 臼井直人,小林拓郎,小田舞香,他.透析患者の症候性変形性膝関節症が全死因死亡率に及ぼす影響について−前向きコホート研究−.第52回日本理学療法学術大会(ポスター)
2016年度
  1. 小林拓郎,臼井直人,熊川七海 他.透析患者における運動耐容能が動脈硬化へ与える影響.第61回日本透析医学会学術集会(口述)
  2. 熊川七海,臼井直人,小林拓郎 他.透析患者における運動負荷後のABI値と虚血性心疾患の関連.第61回日本透析医学会学術集会(口述)
  3. 臼井直人,垣上翔,上畑昭美 他.透析低血圧と運動耐容能の関連〜予防に対する運動耐容能の管理目標値.第6回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会(Young Investigator Award session)
  4. 舞草健太,臼井直人,佐々木智充 他.透析患者における運動耐容能を規定する因子の検討.第6回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会(口述)
  5. 小林拓郎,臼井直人,上畑昭美 他.透析患者における心拡張能が運動耐容能に及ぼす影響.第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会(口述)
2015年度
  1. 臼井直人,小林拓郎,舞草健太,上畑昭美 他.仰臥位エルゴメーターによる透析中多段階低負荷試験の有用性.第5回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会(口述)
  2. 垣上翔,臼井直人,小林拓郎 他.透析患者における運動負荷ABIの有用性.第60回日本透析医学会学術集会(口述)
  3. 臼井直人,小林拓郎,舞草健太 他.透析患者における変形性膝関節症はABIを低下させる.第50回日本理学療法学術大会(セレクション口述)
2014年度
  1. 臼井直人,浅野貞美,小林拓郎 他.4ヶ月間の有酸素運動が腎性貧血に与える影響.第4回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会(口述)
  2. 臼井直人,上畑昭美,土屋貴彦 他.透析患者における変形性膝関節症の現状とリスク因子.第59回日本透析医学会学術集会(口述)
  3. 臼井直人,小林拓郎,上畑昭美 他.2型糖尿病は重度変形性膝関節症への進展に関与する.第32回東京都理学療法学術大会(口述)